秩序・美・調和に向かうヒーリング姉妹から情報発信 from ヒーリングサロン ルル
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カテゴリー
過去の記事

レイキ実践の体験 3『シフトチェンジに気づく』

 

 

前回は、人間関係のパートナーがテーマでした。

 

真の自分、魂で生き、自分で在る事がらくちんな道に至るまでを書きました。

 

ある意味、仕事(志事)そのものも、私にとってはパートナーです。

 

今日は、サロンの中でのシフトチェンジに気づくというテーマです。

 

靈氣は、自分の中の感覚やエネルギーの送受信器を、微細にかつパワフルにするものです。

 


 

 

 

レイキ実践の体験 3『シフトチェンジに気づく』

 

 

20200921_2911686.jpg

 

 

< 地球に住むわたし達 >

 

不思議と、ご縁が深いセラピストや治療家さんとは、

シフトチェンジの時期が同じです。

持っている技術が違えど、

その世界に入った時期・開業した時期・新たな学びに入った時期などの、大きく動くタイミングが一致します。

 

 

宇宙の中の地球は刻一刻と常に動いていて

 

一度も同じ状態はない中で

 

波動は常に変化している。

 

他の天体との関わりを常に発しながら、強さも変えながら

 

でも、一気に変わるのではなくて、

 

徐々にその波動を帯びたり、離れたりしながら。

 

 

その中にある「時期」

 

わたし達は、地球上に住まわせてもらっているので、地球規模で求めるものに反応が出来ていると、それなりの変化の時期が同じ方も多いのでは、と思います。

 

 

< わたしの時期 >

 

まずわたしは、「役に立つ人になりたい」と、小学校のときに思いました。

 

その時は、セラピストとかリラクゼーションなんて言葉も知らなかったですし、まず日本に浸透していませんでした。

全く自分の社会人像のイメージが湧いておらず

 

ただ、「人に必要とされる人。」という漠然な気持ちでした。

 

今思うと、必要じゃない人なんていないのですけれど。

 

これも、小学生のころは、とてもおとなしくて、言いたいことも言えなく存在感がなかった自分が嫌で、

 

”生まれてきた意味、生きてる意味が欲しい”

 

シンプルに、ただそれだけだったと思います。

 

 

 

でも、結局これがずっと生き続けていて、

 

シンプルに、それだけ思って人生を旅をしてればよいのです。

 

やっていることが、全体の流れやその時の使命と沿わなくなってくると、

実際の周りの現象に現れる前に、

まず自分の心に違和感が出始めます。

 

 

本当に、やりたくないことはやりたくない。できない。

 

やりたいことは、やらないと気が済まない。

 

3歳のころその主張が本当に強い子だったと、近年、父から聞きました。

 

 

大人になると、我慢を覚えて、周りに合わせて、組織に従って生きるので、

心・魂レベルの声は聞こえづらくなります。

 

靈氣は、それを呼び覚ましてくれました。

 

 

< わたしとロミロミ >

 

薬局販売員を経て、2004年に、求めていたのはこれだ!と衝撃的に惚れ込み、ロミロミと結婚をして、2008年に、ルル(サロン)という子供を産みました。

 

最初ルルが安定するまでは、休まず試行錯誤の毎日で、ルルで頭がいっぱいでした。

 

ルルは今年で13歳になり、

 

ルルの意志を感じ、

 

ルルに教えられることのほうが多くなってきました。

 

 

ロミロミで毎日、お疲れを抱えていらっしゃるたくさんのお客様に対応している中で、

 

元氣を取り戻していくみなさんを見て、楽しくて幸せだったのですが、

 

体の痛みがある方・人間関係でお辛い方に関して、

 

本当に今すぐ何とかしたい辛さの、特にこの2パターンのお客様に対し

 

もっと効果的に救えるセラピストにならなくては、と、立ち位置や目線が変わりました。

 

 

 

2012年に、器をひろげたいアンテナを張りめぐらせ、

癒しのイベントに足を運んだ際に出会ったセラピストの根井さんにより、

靈氣を深めることができ、柔道整復師の千葉先生に出会い、ボディートークの福田先生に出会い、

 

自分で納得できるセラピストになるための道がドンドン拓かれていきました。

 

2019年には

様々な学びの中に、

ロミロミの神髄「loveng touch」が生きていて、

そこのベースに靈氣の使い方もあり

 

すべてはひとつであることにも行きつきました。

 

 

最近では、

「気持ちよかったです!」

という感想だけではなく、

「助かりました!」

という感想も多くいただけているので、自分が決めた設定のセラピストに近づいてきたと感じています。

 

 

2020年 だれもが予想していなかったコロナ禍を経験し、サロンでは一対一で会うことが難しくなった期間を経てから、

 

離れていても多くの方の幸せと気づきが広がっていけば・・・。

 

直接わたしでなくとも、幸せと気づきが伝染するようになっていけば・・・。

 

みんなで底上げになることをしたい。

 

という考えも生まれました。

 

それにより、2018年から実践を始めていた遠隔ヒーリングと、靈氣を教えることが増え、

更にはオイルマッサージを教えてほしいという声もいただくようになりました。

 

早速今月から動き出します。

 

このように、感じたことの現実化もとても早くなりました。

 

 

 

 

わたしの場合は先頭を切って進んでいくタイプではなく、

上から引っ張られたり、

下から持ち上げられたり、

求められて

立場が変わることも多いです。

 

20代のころは、この仕事の会社で正社員になることだったのですが、「無理だ・いやだ」と抵抗をしました。

しかし周りや状況がそうはさせず、しぶしぶ、社員になりました。

それは本当に私が進むべき今の道の為には必要なことでしたので、最初に声をかけてくれた山田マネージャーには今でも本当に感謝しています。

あのとき、頑張ってよかったです。

 

 

いまでは、新しい立場になる風を感じたら、心の準備と対話をして、いづれは受け入れるスタンスとなるようにしています。

 

 

 

 

 

視点を自分から、周りに広げてみますと

 

皆さんのエネルギーが全体的にアップし、各自、元氣に生きていける世の中になったら、

 

犯罪・いじめ・虐待・差別・いままでのレベルのストレスも無くなって

 

心地よい協力が出来て、調和の世界になります。

 

 

更に遠ーくにひいてみてみますと、

 

地球は、わたし達そのものでもあります。

 

地球の再生には、みんなが目を向けていく必要があると思います。

 

小さなことから、地球のためにできることを自発的にできる人が増えたら。

 

発案していく人が増えたら。

 

身体の、地球の、宇宙のメッセージを取り入れることが出来る人がもっと増えたら。

 

素敵な未来が待っているなと感じています。

 

そんな場所に住みたい。

 

 

いつかの未来、セラピスト・ヒーラーが不要になったら、

わたしはまた違う何かになって、この役割を卒業するでしょう。

 

それが今世でそうなるのか、遠い未来なのか、これからの一人一人しだいで変わるとおもいますが、

 

最終的には「調和」を目指して・・・。

 

 

 

次回は、具体的なテクニックを使った遠隔ヒーリングで、父の体が劇的に回復したお話です。

 

 

プロフィール

 

葛西祐実

 

 

 

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
自然と共に心と体の健康のお手伝いを目指す
●ハワイアンロミロミ・ヒーリングサロン・ルル
不定休・PM10:00-PM10:00
【PC】http://lulu-space.com
【ご予約状況・美紀】http://lulu-space.com/free/cardreading
【ご予約状況・佑美】http://lulu-space.com/free/calendar
゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・
| 2020.09.21 Monday | 10:56 | レイキ | comments(0) | - | 葛西 祐実
| 1/1PAGES |